今までに訪ね歩いた場所についての備忘録。
| ホーム |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mar00.jpg

熱帯の輝く陽射しの中、緩やかな風に載って鮮やかな花車が通り過ぎる。




mar02.jpg mar03.jpg

日本の人力車が発祥と言われる自転車タクシー。独自に進化したその乗り物はアジアの各地で見ることができる。

インドのリキシャ、ベトナムのシクロ、インドネシアのベチャ、マレーシアやシンガポールのトライショーなど。
なかでもマレーシアの古都、マラッカのトライショーは独特だ。

街の中心部、オランダ広場はマラッカの観光名所が集まる場所で、観光客目当てに様々な造花で意匠を凝らしたトライショーが並ぶ。熱帯の強い日差しを受けて眩しいほどだ。

ロンドンの赤い二階建てバスやニューヨークの黄色いタクシーなど、街を特徴づける乗り物は世界各地にあるが、マラッカのトライショーは溢れる極彩色が街をいろどり、常夏の国の旅情を掻き立てられる。

スピードを追求しないその乗り物の速度に南国の長閑さを感じるのは、北の国から訪れた旅行者の勝手な思い込みだろうか。


中国文化とマレー文化が融合し、華やかな「ババ・ニョニャ文化」を産み出したマラッカ。
トライショーは近年とみに装飾が華美になっていると聞くが、またここから新しい文化が生まれていくのかもしれない。

 
| ホーム |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。