今までに訪ね歩いた場所についての備忘録。
| ホーム |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
solo04.jpgsolo03.jpg
solo02.jpgsolo01.jpg

古くから人の住むインドネシア・ジャワ島にはジョグジャカルタとソロと言う二つの古都がある。ジョグジャカルタは日本の京都、ソロは奈良になぞらえられるが、チュト寺院は奈良にたとえられる古都ソロの街の郊外、標高3000mを越すラウ山の麓にあるヒンドゥー教の寺院だ。

日本では室町時代にあたる頃、ジャワ島に王朝を開いたヒンドゥーの人々はイスラム教徒に追われて山奥の僻地や隣の島・バリ島へ逃れた。
ソロの奥地へ逃れたヒンドゥーの教えは古くからの民間信仰と結びついたようで、このチュト寺院はアニミズム(原始宗教)の神秘的な雰囲気が漂う。

15世紀に造成された敷地はテラスが階段状に連なっていて、それぞれのテラスには魚や亀をかたどったレリーフが魔方陣のように配置されていたり、首だけの彫像が並べられたりしている。


階段と狭い門をくぐりながらテラスを進むと、板葺きの小さな祠がいくつもあり、その雰囲気はまるで日本の神社のようだ。
門は上へ登るほど小さく、狭く造られてあり、遠近法を利用して神聖な場所へ近付く雰囲気を演出している。


この寺院へ行くための道は細くて所々に大きな穴が開いている。乗用車のタクシーでは通ることができないためバイクタクシーを利用しなければならない。
ヘルメットを被らず、高原の涼しい風を直接顔に受けてバイクが走る。日本では考えられないような急斜面の畑を抜け、山道を歩く小学生や農家の女性達を追い抜いて行くと、遠く霧にかすんだ寺院が見えてくる。

この道のりの体験こそが、チュト寺院の魅力をより深く、大きいものにしている。
見渡す限りのお茶(ジャワティー)の畑、流れる雲、冷たい風、空気に吸い込まれる鳥の声、そういった諸々の要素こそが神殿への素晴らしいアプローチとなっているのだ。


(写真上左:考えられないような急斜面の畑  写真上右:バイクタクシーと友人二人  写真下左:魔方陣のような地面のレリーフ  写真下右:一面の茶畑)


 
| ホーム |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。