今までに訪ね歩いた場所についての備忘録。
| ホーム |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
midousuji09.jpgmidousuji00.jpgmidousuji03.jpg

大阪のキタとミナミ、二つの繁華街を一直線につなぐ御堂筋は1937年に建設された巨大インフラ(産業・生活基盤となる施設)だ。

もともと幅6m程度しかなかったこの道を、地下鉄・電線の埋設をともなった大通りとして整備したのは第七代 関一(せきはじめ)大阪市長の力によるところが大きい。

イチョウ並木はこの大通りが建設された時に植栽されているが、樹種をイチョウと決めるまでに様々な紆余曲折があったようだ。
帝国時代であった当時、「パリのシャンゼリゼのように世界に冠たる大通りを建設する」という理念のもとに、アジア特産のイチョウが選定されたと聞く。

建設当時「飛行場でも作るつもりか」と批判された約44mの道幅といい、現在見ても気持ちの良い大空間を持つ地下鉄の駅や、電線の無い地上空間といい、建設当初から50年、100年先や世界を見据えたスケールの大きい視野を感じる。

現在の御堂筋は大きく育った四列のイチョウ並木がヨーロッパの雰囲気を感じさせるというので、世界的なスパーブランドのブティックの出店が相次いでおり、各店舗の規模、出店数はブランド街として東京をしのぐ日本一の規模を誇る。

御堂筋拡張による周辺問屋街の発展、空襲にも焼け残った御堂筋での戦後復興など、現在にいたるまで御堂筋の存在は大阪の経済に大きな影響をもたらしている。

約70年前、爆発的に成長する「大大阪(だいおおさか)」をイメージして作られた御堂筋。

現在から100年の後、爆発的に増え続ける世界人口とは逆に人口が半減し、その70%が都心部に住むとも言われる今後の日本。

未来と世界を見据えた計画は、現在にも必要不可欠な考え方と言えるのではないだろうか。


| 日本 | |
 
| ホーム |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。